相続手続きが発生した際、まず明らかにしないといけないことが相続人と相続分です。遺産を相続する人が被相続人とどのような関係だったかによって相続できる遺産の分量が変わります。

遺産相続、相続対策のお問い合わせは0120-533-033

相続人と相続分

相続人と相続分top

相続人って何?

相続人とは、相続する権利がある方を指し、相続人となるべき方は法律で定められています。
しかし相続人になったからといって何でもかんでも財産を相続できるわけではありません。遺産を相続できる割合は法律上きちんと定められており、その一定の割合を相続分と言います。

妻または夫(配偶者) 常に法定相続人となります
第1順位 子 配偶者とともに常に法定相続人となります
第2順位 父母 被相続人に子がいなかった場合に
配偶者とともに法定相続人となります
第3順位 兄弟姉妹 被相続人に子も父母もいなかった場合に
配偶者とともに法定相続人となります

相続人と相続分の関係

spacer

配偶者と子【第1順位】が相続する場合
相続人パターン1
相続人が被相続人の配偶者と子の場合、相続分は配偶者1/2、子は1/2をそれぞれ等分したものが相続分となります。
配偶者と直径尊属(父母)【第2順位】が相続する場合
相続人パターン2
相続人が被相続人の配偶者と直径尊属(父母)の場合、相続分は配偶者2/3、父母1/3をそれぞれ等分したものが相続分となります。

spacer

配偶者と兄弟姉妹【第3順位】が相続する場合
相続人パターン3
相続人が被相続人の配偶者と兄弟姉妹の場合、相続分は配偶者3/4、兄弟姉妹は1/4をそれぞれ等分したものが相続分となります。
子の1人がすでに死亡し、その孫がいた場合
相続人パターン4
相続人が被相続人の配偶者とその子の1人が死亡し、その孫がいた場合、相続分は配偶者1/2、子は1/2を等分して被相続人の孫は子に変わって相続分を受け取ります(代襲相続)。

spacer

その他の相続分の例

配偶者と子が相続する場合
配偶者→1/2 子→残りの1/2の財産を人数で等分
※養子も嫡出子と相続分は同じです。

配偶者と直系尊属(父母や祖父母など)が相続する(子供がいない)場合
配偶者→2/3 父母→残りの1/3の財産を人数で等分

配偶者と兄弟姉妹が相続する場合
配偶者→3/4 兄弟姉妹→残りの1/4の財産を人数で等分
※相続権は兄弟姉妹の場合、その子(被相続人の甥・姪)のみ一代に限り引き継げます。

子の1人がすでに死亡しているが、その子に被相続人の孫がいた場合
配偶者→1/2 子→死亡した子の子(被相続人の孫)が代わりに相続分を受け取る(代襲相続)

配偶者がいない場合
全財産を子の人数で均等に分割します。子が亡くなっていれば直系尊属が相続し、直系尊属が亡くなっている場合は兄弟姉妹がその人数で均等に分割します。

認知した非嫡出子がいる場合
婚姻外で生まれた子を非嫡出子といいます。非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の1/2となります。また、非嫡出子で認知されていなければ相続権はありません。

相続税が2割増しになるケース
配偶者および被相続人の子、父母、代襲相続人となった孫等以外の人が、相続または遺贈により財産を取得した場合、その人の納付すべき相続税額は通常の2割増しとなります。なお、被相続人の養子となった孫・ひ孫等については、被相続人の子という立場にはなりますが、相続税額はやはり2割加算となります。

spacer

遺留分 相続人には最低限の保証があります

被相続人の財産は、遺言が残されていれば遺言どおりに分けるのが普通です。しかし、その内容いかんによっては100%個人の思い通りになるというわけではありません。
法律で定められた相続人が最低限相続できる割合として「遺留分」があります。
詳細は遺留分についてをご覧下さい。

相続相談サポートセンターでは相続にまつわる些細な質問にもお応えいたします

相続相談サポートセンターは35年の実績を持つ税理士事務所です。2015年より相続税制が改正されたこともあり、相続にまつわるご相談が増えています。どんな些細なご質問でも構いませんので、相続相談サポートセンターまでご相談ください。

(相続相談サポートセンターは岡山市にございます税理士事務所「朝日税理士法人 岡山」が運営する相続相談専門サイトです)

spacer spacerline

相続相談サポートセンター
相続相談サポートセンターへのお問い合わせは0120-533-033まで