相続とは、具体的にどんなものを受け継ぐということなのでしょうか? 相続財産には金融資産、不動産、動産、権利などのプラスの財産に加え、借金、債務、未払い金といったマイナスの財産も含むことも忘れてはいけません。

遺産相続、相続対策のお問い合わせは0120-533-033

相続財産調査

相続財産調査top

相続財産調査 ~引き継ぐものと背負うもの~

亡くなった方が残した遺産というと、お金はもちろんのこと、土地や特許など残された方にとってプラスとなるものというイメージが強いかと思います。
しかし、遺産というのは本来、亡くなった方が残した「権利と義務」のことを指します。つまり遺産には、引き継いでプラスとなる財産だけでなく、背負わなければならないマイナスの財産も含まれてしまうということです。相続財産調査により、プラスの遺産もマイナスの遺産も相続財産として確定しなくてはなりません。では、プラスの相続財産、マイナスの相続財産にはどのようなものがあるのでしょうか?

プラスの相続財産

・土地および土地に関する権利:宅地、農地、山林、原野、牧場、雑種地、借地権、地上権、賃借権、温泉権など
・家屋および家屋に関する権利:家屋、庭園設備、倉庫、駐車場、借家権など
・金融資産:現金、預貯金、有価証券、小切手、株式、国債、社債、債権、貸付金、売掛金、手形負債、投資信託など
・動産:車、家財、骨董品、宝石、貴金属など
・事業用、農業用の財産:機械、商品、原材料、農産物、牛馬、売掛金など
・その他:株式、ゴルフ会員権、生命保険に関する権利、未収配当金、貸付金、損害賠償請求権、著作権、特許権など

マイナスの相続財産

・借金:借入金、住宅ローン、買掛金、手形債務、リース未払い金、損害賠償の債務など
・公租公課:未払いの所得税・住民税・固定資産税など
・保証債務:保証人や連帯保証人としての地位
・その他:未払い費用、未払い利息、未払いの医療費、預かり敷金など

遺産に該当しないもの・引き継がないもの

・財産付与請求権
・生活保護受給権
・身元保証債務
・弁護士などの士業資格
・運転免許
・医師免許
・扶養請求権
・雇用契約上の地位(その会社で働く権利、職業身分など)
・受取人指定のある生命保険金
・墓地、霊廟、仏壇・仏具、神具など祭祀に関するもの   など

spacer2
遺産には、残された方々にとってプラスとなる相続財産、残念ながらマイナスとなってしまう相続財産の両方が含まれます。
また一方で、遺産は時価によって換算され、かつ評価方法もさまざまなので、そのときどきで評価額が変わるというのも問題点です。
これらの問題は、内容が非常に専門的であり、ご自身だけでは解決できるものではありません。
税理士や司法書士など相続の専門家のアドバイスを受け、正確に判断してもらうようにして下さい。

■マイナス財産(借金)は絶対に引き継がなければならないのか?→「遺産を正しく分ける ~遺産相続の方法~」
■相続税はどのくらいかかるものなのか?→「相続税について」
■不動産の価値はどう決める?→「不動産鑑定士と相続」

spacer

相続相談サポートセンターでは相続にまつわる些細な質問にもお応えいたします

相続相談サポートセンターは35年の実績を持つ税理士事務所です。2015年より相続税制が改正されたこともあり、相続にまつわるご相談が増えています。どんな些細なご質問でも構いませんので、相続相談サポートセンターまでご相談ください。

(相続相談サポートセンターは岡山市にございます税理士事務所「朝日税理士法人 岡山」が運営する相続相談専門サイトです)
spacer spacerline

相続相談サポートセンター
相続相談サポートセンターへのお問い合わせは0120-533-033まで