不動産鑑定士による不動産鑑定は不動産の価格を適正に示してくれます。不動産を相続する際にはぜひ依頼しておきましょう。

遺産相続、相続対策のお問い合わせは0120-533-033

不動産鑑定士と相続

不動産鑑定士と相続

不動産鑑定とは不動産の適正な価格を把握することが目的です。不動産鑑定によって決まる不動産の適正な価格とは専門家である不動産鑑定士が客観的な立場で算出される公正な価格です。不動産の価格を理解した上でスムーズに相続を行っていきましょう。

不動産鑑定士の鑑定

不動産鑑定は不動産の適正な価格を把握することが目的です。相続税路線価で計算するだけでは不動産の適正な価格を把握することはできません。不動産鑑定士は不動産の適正な価格を売り手、買い手どちらの立場でもなく客観的な視点から算出します。

相続における実例

「実家の家を相続することになったけれどその家にどのくらいの価値があるのかわからず困っている」

不動産鑑定士は不動産の適正な価格を売り手、買い手どちらの立場でもなく客観的な視点から算出します。実勢相場より高かったり安かったりすることも多々あります。不動産の価値がわかることにより財産の分割もスムーズに行きやすくなります。是非不動産鑑定士に鑑定を依頼しましょう。

不動産鑑定士と財産評価基本通達の違い

不動産の財産基本通達は多くの要因をひとまとめの水準として表示しています。不動産の特性を全て平均化して、標準的な補正率により一律に評価するものです。そのため財産評価基本通達の評価方法では不動産鑑定士の鑑定評価価格のおよそ20%引きの価格となります。

相続における実例

「父親が亡くなり、兄弟三人で現金や株券などの相続は均等になるようにしたが父はマンションを持っており、それを長男が相続したいといっている。マンションを相続したときでも均等に財産を分けられるようにマンションの価格を知り現金換算で均等に分けたい」
財産評価基本通達で評価してもらうこともできますが、時価からかなり安くなるため時価と大きく乖離した金額が出てくることが多いです。税計算のときにおいては有利な場合も多いですが、相続人同士での分配では大きな不公平が生じるので分配の際には不動産鑑定士に相談するのが良いでしょう。

不動産鑑定士と広大地

広大地とはその地域における標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大な宅地で、都市計画法第4条第12項に規定する開発行為を行うとした場合に、公共公益的施設用地の負担が必要と認められるものをいいます。広大地評価をしてもらうことによって土地の評価価格が大幅に下がります。

相続における実例

「父親が亡くなり、大きな土地を相続することになりました。広大地の判定をしてもらい少しでも税金を安くしたいです」

国税担当官に広大地と認められた場合は税額が大幅に下がります。広大地と認められるために不動産鑑定士に広大地の判定意見書を作成してもらい、税務当局と交渉するのが良いでしょう。

相続相談サポートセンターでは不動産鑑定士と連携可能です

相続相談サポートセンターは35年の実績を持つ税理士事務所です。ご相談の内容によって不動産鑑定士をはじめ、弁護士、社会保険労務士、行政書士との連携が可能です。相続にまつわるご相談は相続相談サポートセンターにお任せください。

(相続相談サポートセンターは岡山市にございます税理士事務所「朝日税理士法人 岡山」が運営する相続相談専門サイトです)

spacer spacerline

相続相談サポートセンター
相続相談サポートセンターへのお問い合わせは0120-533-033まで