遺産分割対策を講じることで生前から財産を圧縮し、相続税を適切に節税します。遺言書による一族の相続争いも未然に防ぎましょう。生前贈与や相続時精算課税制度を活用することで相続税対策となります。

遺産相続、相続対策のお問い合わせは0120-533-033

遺産分割対策

遺産分割対策top
相続税対策と相続対策はまったくの別問題です。相続税がかからないからといって、相続対策を怠ってしまうと、相続問題が発生したときに一族間の争いごとに発展してしまうケースがよくあります。今のうちから遺産分割について考えておき、遺言書を作成しておいたり、生前贈与の適切な利用で遺産分割対策を進めておきましょう。

遺言書による円満な遺産分割

遺産分割において、やはり遺言書の効力は絶大です。相続が発生してから、相続人同士が遺産分割で争う「争続問題」に発展させないためにも、遺言書を残しておくことは重要です。
遺言は法定相続人の権利よりも優先されますので、遺産分割問題のほとんどを未然に防ぐことができるのです。(遺留分を侵害している場合は減殺請求される場合はあります)

遺言書の書き方については、詳しく解説したページをご用意いたしましたので下のバナーをクリックしてください。
遺言書の書き方

生前贈与を利用して遺産分割を進めておく

生前贈与を活用することで財産を圧縮する人が増えています。年間110万までは非課税なので、長い年月をかけて複数の人数に贈与していけば、節税対策として大きな効果となります。
また、生前贈与の方法として「相続時精算課税制度」を利用することも有効です。

相続時精算課税制度とは

平成15年から、通常の贈与制度と選択する形で「相続時精算課税制度」が導入されました。
この制度を選択すると、2500万円まで贈与税を支払うことはなく、これを超える部分について一律20%の贈与税を納めることになります。そして相続発生時に、その贈与価格を相続財産に加算して相続税を計算します。
ただし、相続時に加算される贈与財産の評価は、相続開始時ではなく、贈与時の価額によります。なお、既に納付した贈与税額は相続税から差し引かれます。

生前贈与について

「特別受益 -生前贈与で相続分が減ることもあります-」では、特別受益と生前贈与についての詳細を解説しておりますので、ぜひご覧ください。

相続相談サポートセンターでは遺産分割対策のアドバイスも承っております

相続問題は相続が発生してから表面化するものです。相続争いや節税対策など、生前対策しておくことが重要です。相続相談サポートセンターでは、経験を積んだ税理士が対応いたしますので、家族ごとに異なる状況・問題に対し柔軟に対応いたします。遺産分割対策をお考えでしたら、相続相談サポートセンターまでご相談ください。

spacer spacerline

相続相談サポートセンター
相続相談サポートセンターへのお問い合わせは0120-533-033まで