相続対策に有効な遺言。遺言を残すことでトラブルのない遺産分割を行うことができ、スムーズな遺産相続が可能となります。

遺産相続、相続対策のお問い合わせは0120-533-033

遺言書について

遺言書について
遺言書は財産の分配について、ご自身の意思を書き記すものです。
遺言書が残されていない状態で財産の分配を行わなければならない場合は、法律に則って決められた分配「法定相続分」となります。
遺言の内容は、原則として法律で定められた規定よりも優先されます。
(ただし、相続人の最低限の権利を保障する「遺留分」という制限が設けられています)

相続人の間で争いが起きないように、相続をスムーズに進めるためには遺言書を残すことが最善の方法です。
遺言事項は法定効力があり、「誰に」「何を」残すかを指定することで遺産相続のトラブルを回避することができる。
遺言の内容が相続人の間で不公平となる場合は付言事項を加えることで遺言者の意思を伝えることができます。

spacerline

遺言書が必要なケース
遺言事項
遺言作成のポイント

一般的に作成されている遺言書は以下の2種類

遺言書にはいくつかの形式があり、主に「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」が一般的です。
他、遺言者のみが内容を知りつつ、自筆証書遺言よりも法的な強制力や信用力を損なわない「秘密証書遺言」や、ある限定された状況下で作成される「危急時遺言」「隔絶地遺言」などがございます。

一般的な「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」については、詳細ページをご用意いたしましたので、参考にしていただければ幸いです。
line

公正証書遺言

公正証書遺言書は、どこでも自分ひとりで作成できる自筆証書遺言書と異なり手間と費用がかかりますが、信用力と法的な強制力を有します。

また、遺言書の原本が公証役場に保管されますので、偽造や紛失の心配がございません。

公正証書遺言書の作成方法についての詳細はこちら

公正証書遺言イラスト

line

自筆証書遺言書

自筆証書遺言は、どこでも自分ひとりで作成できる事がメリットですが、決められた形式に則って作成しなければ、いざ相続が発生したときに無効とされてしまう場合がございます。また、曖昧な表現は相続人同士の争いの種となってしまうケースもあり、注意が必要です。

書き方の形式や確実な内容を明記する文章の書き方など、
自筆証書遺言書の書き方について詳しく紹介しておりますのでこちらをご覧下さい。

自筆証書遺言イラスト

line

他にも、状況に合わせたいくつかの遺言形式がございます

秘密証書遺言

秘密証書遺言は公証人や証人を含め、自分が死ぬまでその遺言書の内容を自分以外の誰の目にも触れさせたくない場合で、公証人にはその「存在」のみを証明してもらうことができます。そのため、自筆証書遺言と比べ、その遺言書が本物かどうかといいった遺族間での争いは起きません。・秘密証書遺言の場合、遺言書は自分で署名押印さえすれば、パソコンを使ったりまたは代筆してもらったりしてもかまいませんが、自筆の署名・捺印は必要です。
・内容は他人の目に触れませんが、公証役場で公証人と証人2名の立会いの下、自分の遺言書であることと筆者の氏名・住所を申述し、公証人、証人2名もまた、署名・押印します。

秘密証書遺言イラスト

line

特別方式遺言

特別方式の遺言とは、病気やそのほかの事情によって死期が差し迫っている状況や、船舶航海中など一般社会から隔絶されている状態、伝染病を患い病院で隔離されている状態など、特別な環境下においてそれぞれの状況に応じて定められた方式の遺言作成方法です。

line

一般臨終遺言・危急時遺言
一般臨終遺言は、重大な怪我や病気などの理由によって、死期が迫っている方に利用される遺言方式です。

一般臨終遺言を行うための条件は
1.証人3名以上の立会いが必要。
2.遺言者がその証人の一人に遺言内容を口授し、
3.遺言の口授を受けた証人がそれを筆記して、遺言者及び他の証人に読み聞かせます。
4.各証人に筆記内容が正確なことを承認してもらった後、承認がこれに署名押印することが必要です。

注意点
遺言の日から20日以内に証人の一人もしくは利害関係人から家庭裁判所に対して遺言の確認の請求を行わなければ、遺言として効力を有しません。

line

難船臨終遺言・危急時遺言
難船臨終遺言は、船舶が遭難した場合に、船舶中で死期が迫った状況にある人が行う遺言のことです。

難船臨終遺言を行うための条件は
1.証人2名以上が立会い、遺言者が口頭で述べる遺言を聞き取ります。
2.証人はその内容を筆記して署名押印することが必要です。

注意点
この遺言方式の場合は、家庭裁判所による確認は必要ですが、その提出期限は遺言作成から20日以内という期限は設けられておりません(難船の状況によって左右されるため)。確認ができるような状態になってから遅滞なく行えばよいとされています。

line

一般隔絶地遺言
一般隔絶地遺言とは、伝染病や災害などによって、交通を断たれた場所にいる人ができる遺言です。

一般隔絶地遺言を行うための条件は
1.警察官1名、および証人1名以上の立会いが必要です。
2.口頭での遺言は不可(代筆は可)で、必ず「遺言書」を作成する必要があります。
3.遺言者、筆者、立会人、承認は遺言書に署名押印をしなければなりません。

line
船舶隔絶地遺言
船舶隔絶地遺言は、船舶中にある人であれば、船長又は事務員1名および証人2名以上の立会いの下、作成できる遺言書のことを言います。

船舶隔絶地遺言を行うための条件は
1.船長又は事務員1名および証人2名以上の立会いが必要です。
2.口頭での遺言は不可(代筆は可)で、必ず「遺言書」を作成する必要があります。
3.遺言者、筆者、立会人、証人は遺言書に署名押印をしなければなりません。

相続相談サポートセンターでは相続にまつわる些細な質問にもお応えいたします

相続相談サポートセンターは遺言書作成を承っております。また、2015年より相続税制が改正されたこともあり、相続にまつわるご相談が増えています。どんな些細なご質問でも構いませんので、相続相談サポートセンターまでご相談ください。

(相続相談サポートセンターは岡山市にございます税理士事務所「朝日税理士法人 岡山」が運営する相続相談専門サイトです)
spacer spacerline

相続相談サポートセンター
相続相談サポートセンターへのお問い合わせは0120-533-033まで