相続税の納税対策にはいくつかの方法がございます。金融資産を計画的に贈与したり、生命保険を活用したり、生前の不動産などを贈与する物納など、うまく利用して対策しておきましょう。

遺産相続、相続対策のお問い合わせは0120-533-033

相続税の納税対策

相続税の納税対策top

金融資産の計画的贈与

アパートやマンション、店舗貸しなど、収益を生む財産を子供に贈与することで、贈与後の家賃収入を子供に移転します。
これによって家賃収入で増えていく金融資産を、将来にわたって抑えることができ、子供は納税資金を準備できるのです。

生命保険の活用

被相続人が契約した生命保険金や退職手当金を相続人が受け取った場合、「みなし相続財産」とされて課税の対象となります。しかし、この場合に支払われる額の中からの一定額については、相続税の課税がされません。(これを非課税限度額といいます)
生命保険金が支払われることで、実際に相続が起こったときに納税のための資金の確保ができますし、非課税限度額によって一定額の額が減額されるため、相続税の税額自体を下げることにつながります。

物納の準備

2006年に制度が改正されたため、より大幅な制限が設けられ「物納」は使いにくい制度となってしまいました。
しかし、相続財産のほとんどが不動産の場合、生前から物納の条件を満たす準備さえしておけばメリットはございます。

spacer spacerline

相続相談サポートセンター
相続相談サポートセンターへのお問い合わせは0120-533-033まで