相続が発生してしまってからではどうしようもない相続税の節税対策。計画的に財産を縮小・移転したり、不動産評価への対策、優遇制度を活用するなど、様々な節税対策がございます。詳しくは相続相談サポートセンターまでご相談ください。

遺産相続、相続対策のお問い合わせは0120-533-033

相続税の節税対策

相続税の節税対策top

所有している財産の縮小や移転による節税対策

・計画的・長期的な贈与

1年間に110万円までの基礎控除(暦年贈与)を活用した贈与は、長期的・計画的に行えば確実な節税対策になります。
一点、気をつけなければならないことは、毎年同じ金額を同じ日に贈与していたりすると通年贈与の有期定期金とみなされ、贈与税が発生するケースがございます。

・配偶者控除の活用

配偶者には「贈与税の配偶者控除の特例制度」があります。例えば、居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭を配偶者間で贈与する場合、2000万円(基礎控除と併せて2110万円)までは贈与税はかかりません。
ただし「婚姻期間が20年以上である」「申告が必要」などの条件があります。

課税価格を引き下げる対策

・所有不動産を賃貸用へ

自分で使っている不動産または使っていない不動産を100とすると、賃貸用不動産は70程度の評価となります。 この評価差を利用して課税価格を引き下げる対策です。

・養子縁組

相続税の基礎控除(3000万円+600万円×法定相続人の数 ※2015年の改正後)や生命保険金等の非課税枠(500万円×法定相続人の数)をアップさせることで課税遺産総額を下げる対策です。

優遇制度をフル活用するための対策

・生命保険への加入

生命保険金は500万円×法定相続人の数までは課税財産に計上しない、という非課税枠が用意されておりますので、 その非課税枠をフルに活用できるだけの生命保険に加入します。

・死亡退職金を活用

死亡退職金にも、500万円×法定相続人の数までの非課税枠が用意されているため、その範囲内であれば相続税がかかりません。

spacer spacerline

相続相談サポートセンター
相続相談サポートセンターへのお問い合わせは0120-533-033まで